【ジム通いは一時休止中】只今、パーソナルジムで「美尻」トレーニング中!・・・●●万円という(私にとっては)大金をかけての勝負の成果は・・・果たして(^-^;

サイゼリヤで“コロナ助成金”の不使用問題?「不正使用」ではないのね?~働かずに2,000円は不服なのか?~

コロナ助成金って?

あの大手外食チェーン「サイゼリヤ」で、コロナ助成金の不使用についてトラブルが起きていると言うニュース記事が目に留まりました。
何が気になったかというと、「サイゼリヤ」・・・好きなのよね、私。庶民の味方ミラノ風ドリアとか、エスカルゴワインをいただいたり、そういうのがとってもリーズナブルに楽しめますから。

そんなサイゼでトラブルとあっては、ファンとしてちょっと心配です。

でもその前に、そもそも助成金についてよくわかっていない私。まずはそのお勉強から始めました。

経済産業省から出されている新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へという案内を、ひと通り読んでみます。

・・・・・。

・・・・・?

う~ん?

調べてはみたものの、私には難しすぎてちょっと全体の理解は無理そうです。もっとわかりやすく書いて欲しいもんだわ!・・・という思いは別として、わかったところだけごくごく簡単にまとめてみますね。いや、ごく簡単な部分しかわかりませんでしたから、まとめるほどのものは(汗)。

要するに、今回の新型コロナウイルスのダメージを受けている企業への様々な資金繰り支援があるということ。その中で、今回のトラブルは小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援に関するものみたいです。

助成金は企業への支援!

~小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援~
新型コロナウイルス感染症に関する対応として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子どもの保護者である労働者の休職に伴う所得の減少に対応するため、正規・非正規問わず、労働基準法上の年次有給休暇とは別途、有給の休暇を取得させた企業に対する助成金を創設します。

保護者の休暇取得支援のところを見ると、こんな風(↑)に書いてあります。

えっ!?

企業に対する助成金?・・・なのね。

つまり・・・。

①学校が休みになる(或いはウイルスに子どもが感染してしまう)。

②子どもの世話のため会社を休まざるを得ない(こともある)。

③会社側は、本来ある休暇とは別に賃金を全額支給する休暇を取得させることができる。(それはもちろんできる!)

④その企業には、休暇中支払った賃金相当額が支給される。
※支給額の上限は日額8,330円。

こういうことです。

新型コロナウィルスに起因して、緊急に子どもの面倒を見なければいけなくなった時に、会社が有給休暇扱いにして給与を支払うと、それを国が補填してくれるという仕組みですから、一見問題が起こりそうには思えないのですけれど。

使うかどうかは会社の判断。

「会社を通して国からお金をもらえる」この仕組み。一見、問題が起こりそうには見えなかったのですが、何がいけなかったのでしょうか?

サイゼリヤのケースで、労働組合側の主張は「助成金制度」を使ってよ!・・・ということだそうです。

そうなんです。
この制度を使うかどうかは、会社の判断次第ということなんですね。で、サイゼリヤでは使わないという経営判断となった・・・。

ただ、別にサイゼリヤの肩を持つわけではありませんけど、サイゼリヤでは独自の特別休暇制度を採用していて、それは一律2,000円/日だそうです。本来であれば、やむを得ず欠勤しても2,000円支給されるこの制度は、従業員にとって有難い仕組みだろうと思います。

それが今回少し事情が違って、国の助成金制度があるわけです。こちらでは最大8,330円ですから、通常のパート賃金で考えれば多くの人は概ね満額支給されるところが、2,000円になってしまうのでは、長時間勤務している方にとってはどうにも有り難くないのはわかりますよね。

ただ、世間の空気を読まずに言えば

休んでも2,000円支給されるわけですから、これってありがたいことだと思うんです。
さらに、(敢えて嫌な言い方をすると)働かなくてもきっちり給料を貰えるなんて、やり繰りしてがんばっている従業員からしたら、ものすごく気分が悪いのではないかなぁ・・・と。会社のためとか、お客様のためとか、そういう志をもって働く人も絶対にいますからね。夫婦で少しずつ無理して・・・とか、おばあちゃんに少し頑張ってもらって・・・とか、そういう人が結果的に損をするような仕組みは嫌だなあと考えると、個人的にはサイゼリヤ式・・・悪くないと思いました。
世の中がこんな状態である今、大変なのは「子どもの世話」だけじゃありませんよね。

とは言え、企業側にもこの制度を利用して特別不利益は生じないと思うんですけど?

会社がこの制度を嫌うのはなぜ?

いろいろ情報を集めてみると、今回のサイゼリヤのようなケースは決して珍しいことではないようでした。
でも、会社には特に不都合はなさそうなこの制度が、なぜこのようなトラブルにつながるのでしょう。どうして、使わない会社がいっぱいあるの?

こういう問題に詳しい方の話によるといくつか理由があるようです。

1.申請が面倒だ。
2.上限の8,330円を超える分は会社が負担しなければならない。
3.助成金制度で全額を補償されると、パート従業員が休みやすくなって、人手不足になり、店が回らなくなる。

最初の「面倒だ」は論外としても、「人手不足」は深刻な問題だと思います。サイゼリヤについて言えば、2番の「費用負担」の点でも、独自制度の方が負担額は大きそうですよね。

やはり、問題なのは「人材」なのでしょう。

こういうご時勢ですから、会社の倒産なんてまったく珍しいものではありません。そして、こんな時ですから尚更、人手の不足は深刻な問題です。

これからは、資金がショートしてしまう倒産だけでなく、経営は黒字なのに人手が足りずに会社の運営が立ち行かなくなる・・・そんな倒産も増えていくのではないでしょうか?

会社がなくなれば、助成金とか・・・もはや関係ありません。
働かずに2,000円という恩恵も・・・なにもかも無くなってしまいます。

Follow me!