【ジム通いは一時休止中】只今、パーソナルジムで「美尻」トレーニング中!・・・●●万円という(私にとっては)大金をかけての勝負の成果は・・・果たして(^-^;

「親密な接触」と「濃厚接触」について。ずーっと我慢してきて、やっと解禁できた夜。

こんなことでは、感染しません!
●握手などの接触
●咳やくしゃみ
●食器の共用

もちろんこれは、新型コロナウイルスの話ではありません
性感染症については安全だとされるこういう行為が、新型コロナでは高いリスクになるというのは、なんだか不思議ですよね。

新型コロナウイルスの場合。

新型コロナ感染者の
●唾液にウイルスは存在する
●膣にウイルスは認められない
●精液にもウイルスはない

注意しなければいけないのは唾液・・・。
唾液の中のウイルスが、直接あるいは手などを通じて間接的に、口や目などの粘膜から体内に侵入することで感染するというのは、今は誰もが知る事実でしょう。

ダンナの会社が休みになって、自宅で待機することになった頃。
「エッチは、、、大丈夫なのよね?」
そう言って、いつも通り始めようとする私にダーリンがストップをかけました。

彼が心配したのは、もし彼がウイルスを持っていて、私のアソコをお口でかわいがってくれたときに、膣の粘膜から感染する可能性があるのではないかということでした。たしかに、粘膜、、、よね?
いろいろな資料によると、感染者の膣からウイルスは見つからなかったけれど、、、膣の粘膜からウイルスが侵入することはあるのかもしれません。

これについてあれこれと調べてみたけれど、詳しいデータとかを見つけることは結局できなくて、、、。

で、、、私たちがどうしたかというと。

もちろん、本当はエッチをがまんするのが一番いいことだってわかってますけど、、、そんなこと絶対に私たちにはムリですから。私たちだけ?
人間の本能ですもの、、、たいがいのカップルには無理でしょ?

で、せめてちゃんとお風呂に入って(いつもはムラムラするとすぐに始めてしまう私たち)、手をアルコール消毒してから、お口は使わないで、、、というルールで親密な接触を続けてきました。(かなりものたりないけど、仕方ないわよね?)

そしてようやく、、、。

ダーリンの自宅待機から2週間が経ちました。首を長~くして待っていたこの日。

新型コロナウイルス
●潜伏期間は1~14日(平均5.8日)

この2週間、2人とも発熱なんかの症状は何もなく、マンションから出るのは三日に一度のお買い物だけですから。。。

もう、だいじょうぶよね。
ということで、、、ついに、、、解禁しました!

あん♡
久しぶりの完全版のエッチは、やっぱりとっても気持ちよくて。

しばらく控えめなバージョンで我慢していたのもあって、ダーリンの興奮もマックス。ダーリンの好みは(多分)少し変わってて、夜に自宅でするプレイでは、本当になにもしない私(マグロじゃないのよ。ゼンリョクで快感に溺れてます♡)。←そういうのが大好きな彼。

悶える私を見て、彼もどんどん昂っていくから、私はただひたすら気持ち良さに溺れて、がまんできるだけ耐えて、、、耐えて、、、ギリギリまでがまんして、、、「もう、ダメ!お願い♡」って。

私を知り尽くしてる彼ですから、きっとあっという間に降参させることもできるのでしょうけど、私のギリギリを見極めて上手に焦らしてくれるダーリン。

久しぶりの本気えっちで、私に進入してきた彼のモノもいつもと違う感じです(大きいの?固いの?)。あんまり気持ちよすぎて、彼が入ってきてすぐにイってしまいそうな私。もっとじっくり楽しみたいし、あまり早いと彼にも悪いと思っても、、、もう我慢できなくて「ごめんなさい、もう。」という私と同時に、彼も、、、。

その後も、何度も何度も繰り返して。
もう、、、最高にすてきな夜でした。

その後も三日に一度のお買い物以外は、ずっとお部屋で自粛していた私たち。
部屋着の下には、ランジェリーもな~んにも着けないで、ずっとイチャイチャ、そして、、、いやん♡

ちょっと不謹慎かしら?、、、とは思ったけれど、しっかり外出自粛した私たちでした。

ゴールデンウィークもあと少しで終わってしまいます。
新型コロナウイルスの少しでも早い終息を願いながら、自粛、、、自粛と、こんなに不自由なゴールデンウィークは初めてでしたけど、悪いことばかりでもありませんでした♡

ゴールデンウィークが終わって、ダーリンが会社に行きはじめたら、また自粛えっちに戻さないといけないのかしら?

考えると、ちょっと憂鬱になります。

Follow me!